スポンサーリンク

PR 明王

不動明王(お不動さん)とは | 仏像入門ドットコム

不動明王坐像

不動明王

不動明王(ふどうみょうおう)を簡単に

  • 不動明王とは、ひねくれ者を導く「厳しい父親」のような明王。
  • 「お不動さん」として日本各地にまつられる。
  • 怒りの表情をし、背後では炎がメラメラと燃えさかる。

1.不動明王(お不動さん)とは

不動明王(ふどうみょうおう)とは、ひねくれ者を導く「厳しい父親」のような明王
日本各地にまつられ、お不動さんお不動様として親しまれています。

不動という名前には、「人びとを救う決意が揺るがない」という意味があります。
その名が示すように、如来菩薩が優しく教えを説いても聞かない「ひねくれ者」を、恐ろしい姿によって力ずくで導きます。

不動明王は、平安時代(794~1185年)に弘法大師空海によって密教とともに日本に伝えられました。

密教(みっきょう)とは

仏教とヒンドゥー教が融合して生まれた、不思議な宗教。
真言しんごん」とよばれる呪文や、「護摩ごま」とよばれる火をたく儀式などが特徴。

不動明王のような強烈な姿のほとけは、それまで日本にはいなかったため、初めて目にした人びとはとても驚いたそう。

そのたくましさから大きな人気を集め、国の平和厄よけなどのご利益をもたらす仏として、日本各地にまつられるようになりました。

不動明王は、宇宙を治める絶対王者である大日如来化身けしん(生まれ変わり)でもあります。
大日如来のように偉大な心で、ひねくれ者をも見捨てずに救い上げます。

仏像せんせい
仏像せんせい
不動明王は、子どもを厳しくしかってくれる父親のような存在。
見た目は怖いですが、優しい心をもっているのです。

不動明王への信仰は根強く、今でも日本各地のお寺で不動護摩(不動明王の前で護摩をたく儀式)が盛んに行われています。

2.姿かたち

不動明王立像

不動明王立像

不動明王坐像

不動明王坐像

不動明王が身につけているものは、菩薩とほぼ同じ。
条帛をまとったり、瓔珞臂釧などのアクセサリーを身につけたりしています。

頭のてっぺんには、開蓮かいれんまたは莎髻しゃけいがのっています。
(開蓮とは蓮華れんげの花が開いたもの、莎髻とは蓮華の花が閉じたもののこと)

顔は怒りに満ちた忿怒相をしていますが、人びとを救おうとする優しさも表れています。

左手に羂索、右手に宝剣を持ちます。
倶利伽羅剣くりからけんとよばれる、龍の巻きついた剣を持つ像もある)

背後では火焔光がメラメラと燃えさかり、岩座または瑟瑟座に乗ります。

立っている像(正立像)と、座っている像(坐像)があります。

仏像せんせい
仏像せんせい
不動明王が日本に上陸して間もない平安時代前期と、それより後の時代では、髪型や表情(目ときば)が異なります。
 

平安時代前期の像

オールバック風の総髪
両目をカッと見開き、2本の牙は下を向く。

平安時代後期以降の像

くるくるとカールした巻髪
右目は天、左目は地を向く(天地眼てんちがんという)。
同じく右の牙は上、左の牙は下に向く(牙上下出がじょうげしゅつという)。

3.不動明王のなかま

(1)五大明王

不動明王は、五大明王(ごだいみょうおう)とよばれる、5体セットの明王のリーダー格でもあります。

五大明王には、不動明王のほかに以下のメンバーがいます。

天台宗てんだいしゅう密教みっきょう坐禅ざぜんなどを融合した仏教の宗派)系のお寺では、金剛夜叉明王の代わりに烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)がまつられます。

五大明王
あわせて読みたい五大明王とは | 仏像入門ドットコム

五大明王(ごだいみょうおう)を簡単に 五大明王とは、不動ふどう明王を中心とする5体セットの明王。 みんなが一丸となって「ひねくれ者」を力ずくで導く。 五智如来ごちにょらいの生まれ変わりでもある。

続きを見る

(2)そのほかの仲間

(先ほど書いたように)不動明王は、宇宙の絶対王者である

化身けしん(生まれ変わり)とされています。

また、

脇侍や眷属として従えることがあります。

4.ご利益

不動明王は、とり年の守り本尊です。

5.有名な像とお寺

  • 不動明王坐像および二童子にどうじ立像/新勝寺しんしょうじ成田山なりたさん](千葉)
  • 不動明王坐像および二童子立像/金剛寺こんごうじ高幡不動尊たかはたふどうそん](東京)
  • 不動明王立像および二童子立像/瀧泉寺りゅうせんじ目黒不動尊めぐろふどうそん](東京)
  • 立体曼荼羅りったいまんだらのうち不動明王坐像/東寺とうじ(京都)
  • 不動明王立像[波切不動]/高野山こうやさん南院なんいん(和歌山)
  • 不動明王立像および二童子立像/真木大堂まきおおどう(大分)

波切(なみきり)不動

「高野山 ・南院」の秘仏・不動明王立像は、弘法大師空海によって神木しんぼく(神さまが宿る大きな木)から彫られたもの。
遣唐使けんとうしの任務を終えた空海が、中国・唐から船で帰る際のできごと。
嵐で船が沈没しかけたとき、この不動明王に祈ったところ、荒波をくぐり抜けて無事日本に帰れたという。

6.不動明王のグッズ

今では、本格的な仏像を自宅にまつることができます。

仏像フィギュア・イスムの不動明王は、天才仏師「運慶うんけい」「快慶かいけい」作の像をモデルとし、鎌倉彫刻の躍動感やくどうかんあふれる姿を忠実に再現しています。

この不動明王を部屋にまつってご利益を祈願するもよし、ぼーっと眺めてやされるもよし。

運慶作の像はコチラ ↓

大サイズ(高さ42センチ)

小サイズ(高さ20.8センチ)


快慶作の像はコチラ ↓


もっと手軽に不動明王を感じたい方は、ブレスレットもいいでしょう。

サイト内検索

メニュー

-明王

error: Content is protected !!