スポンサーリンク

PR そのほかの仏像

弘法大師空海とは | 仏像入門ドットコム

弘法大師坐像

弘法大師空海

弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)を簡単に

  • 弘法大師空海とは、日本に「密教みっきょう」をもたらした偉大なお坊さん。
  • 密教修行のための道場として、金剛峯寺こんごうぶじを開く。
  • 土木工事・教育・文学などの分野でも活躍し、多くの伝説を残す。

1.弘法大師空海とは

弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)とは、日本に「密教みっきょう」をもたらした偉大なお坊さん。
お大師さまとして親しまれています。

(1)生い立ち~中国留学

774年(奈良時代の終わりごろ)に香川県善通寺ぜんつうじ市で生まれた空海は、幼いころからとても賢く、学校での成績はいつもトップ。
18歳でみやこの難関大学に入り、将来はエリートの道が約束されていました。

ところが、大学での勉強に満足できず、エリートの道を捨てて出家しゅっけします。
山奥や洞窟どうくつなどで厳しい修行にはげみながら、仏教にのめりこむようになりました。

そして、31歳のときに中国へ留学し、密教みっきょうのエキスパートである恵果和尚けいかわじょうのもとで学びます。

密教とは

仏教が独自に発展して生まれた、不思議な宗教。
真言しんごん」とよばれる呪文や、「護摩ごま」とよばれる火をたく儀式などが特徴。

空海はわずか3か月という猛スピードで密教をマスターし、たくさんの密教のお経や道具などを日本へ持ち帰りました。

 

(2)密教の布教

帰国後の空海は加持祈祷かじきとう護摩ごまをたいて祈りをささげる密教の儀式)によって争いや干ばつなどをしずめ、天皇や政府から認められるようになります。

そして、密教修行のための道場として、和歌山県の高野山こうやさん金剛峯寺こんごうぶじを開きます。

その後、天皇から京都の東寺とうじをまかされた空海は、東寺のお堂の中に立体曼荼羅りったいまんだらとよばれる巨大な3Dジオラマ(世界初)をつくり、人びとを驚かせました。

立体曼荼羅とは

密教の世界を絵図で表した平面曼荼羅をさらに発展させて3D化したもの。
21体もの巨大な仏像が、約30メートルにわたってずらりと並ぶ。
(中央に五智如来、向かって右に五大菩薩、向かって左に五大明王、周囲に梵天帝釈天および四天王

立体曼荼羅

このような空海の活躍によって、(日本ではあまり知られていなかった)密教という教えが一気に広まります。

仏像せんせい
仏像せんせい

これまでの仏教には無かった

  1. 真言(秘密の呪文)
  2. 護摩き(神秘的な儀式)
  3. 曼荼羅まんだら(謎めいた絵)

などの密教の派手なパフォーマンスは、人びとを大きく魅了しました。

空海の広めた密教は、真言宗(しんごんしゅう)という一つの宗派として、国に正式に認められるようになります。

空海は、日本の仏教界に新しい風を吹きこんだのです。

 

(3)そのほかの功績

空海の功績は、密教だけではありません。

医学・土木技術・文学・美術・占星術などの最新技術を中国から持ち帰り、日本の文化の発展に大きく貢献しました。

とくに土木技術においては、それまで何年かけても完成しなかった満濃池まんのういけ(香川県にある日本一大きなため池)の改修工事を、わずか3か月で成しとげます。
この工事によって、人びとは水不足で困らなくなり、洪水による被害も無くなりました。

仏像せんせい
仏像せんせい
空海が満濃池にほどこした「アーチ型堤防」は現在も使われており、満濃池は今も変わらず人びとの生活を支えています。

また、庶民のための学校を日本で初めて開いたのも空海です。
当時の日本では身分の高い人しか学校に入れませんでしたが、空海は授業料を0円とした理想的な学校(綜芸種智院しゅげいしゅちいん)を設立し、誰もが安心して学べるようにしました。

835年(平安時代の初めごろ)、高野山の金剛峯寺にて空海は静かに亡くなります(62歳)。

空海の死後、天皇は空海に弘法大師(こうぼうだいし)という立派な呼び名を贈り、空海は今もなお「知の巨人」として人びとから尊敬されています。

2.空海の伝説

知の巨人のほかにも「仏教界のスーパースター」「万能の天才」などの異名をもつ、超人・空海。

空海にまつわる伝説は、日本各地に5千以上もあるといわれています。
その中でも有名な4つのストーリーを紹介します。

3.姿かたち

弘法大師坐像

弘法大師坐像

空海の死後、その偉大な功績をたたえて、多くの弘法大師像がつくられました。

弘法大師像の特徴

袈裟けさを身にまとい、顔を斜め前に向け、結跏趺坐をして座ります。
(顔が正面に向いている像もある)

右手をひねるようにして五鈷杵を持ち、左手に数珠を持ちます。

弘法大師像には、次のような姿をしたものもあります。

  • 稚児大師ちごだいし
    ・・・蓮華座に乗って合掌する、幼いころの姿
  • 修行大師しゅぎょうだいし
    ・・・錫杖を持って日本各地をめぐり歩く姿

4.有名な像とお寺

  • 弘法大師坐像/青蓮寺しょうれんじ鎖大師くさりだいし](神奈川)
  • 板彫いたぼり弘法大師像/神護寺じんごじ(京都)
  • 弘法大師坐像/東寺とうじ御影堂みえどう(京都)
  • 弘法大師坐像/高野山霊宝館こうやさんれいほうかん(和歌山)
  • 稚児大師ちごだいし立像/善通寺ぜんつうじ御影堂みえどう(香川)

サイト内検索

メニュー

-そのほかの仏像

error: Content is protected !!