スポンサーリンク

PR 天部

八大童子とは | 仏像入門ドットコム

八大童子(はちだいどうじ)を簡単に

  • 八大童子とは、不動明王ふどうみょうおうにつかえる8体の神さま。
  • メンバーが役割分担をしながら「4つの智慧ちえ」を実践する。
  • 少年の姿をし、さまざまな武具を手に持つ。

1.八大童子とは

八大童子(はちだいどうじ)とは、不動明王ふどうみょうおうにつかえる「少年の姿」をした8体の神さま。
(不動明王の眷属

不動明王坐像
あわせて読みたい不動明王(お不動さん)とは | 仏像入門ドットコム

不動明王(ふどうみょうおう)を簡単に 不動明王とは、ひねくれ者を導く「厳しい父親」のような明王。 「お不動さん」として日本各地にまつられる。 怒りの表情をし、背後では炎がメラメラと燃えさかる。

続きを見る

八大童子は『聖無動尊一字出生八大童子秘要法品しょうむどうそんいちじしゅっしょうはちだいどうじひようほうぼん』(略して「秘要法品」)という中国から伝わったお経に、その役割や姿かたちなどが書かれています。

この秘要法品によると、八大童子は4つの智慧ちえをもつ4体と、四波羅蜜菩薩しはらみつぼさつの性質を受けつぐ4体からなるとのことです。

4つの智慧とは

大円鏡智だいえんきょうち」「平等性智びょうどうしょうち」「妙観察智みょうかんさつち」「成所作智じょうしょさち」とよばれる、金剛界の五智如来のもつ智慧のこと。
(詳しくは、金剛界五仏の智慧にて解説)

四波羅蜜菩薩とは

金剛波羅蜜こんごうはらみつ」「ほう波羅蜜」「ほう波羅蜜」「ごう波羅蜜」とよばれる、金剛界の大日如来をサポートする4体の菩薩
(波羅蜜とは、修行や実践を意味する仏教の言葉)

八大童子のうち4体は「頭脳」として“智慧”を受けもち、そのほかの4体は「手足」となって“智慧”を実践します。

メンバーはそれぞれ武具を手に持ち、不動明王をガードするようにつき従います。

 

2.メンバー

仏像せんせい
仏像せんせい
8体がそろって並ぶことは少なく、矜羯羅と制吒迦の二童子にどうじ脇侍とした「不動三尊ふどうさんぞん」の形式でまつられることが多いです。

(1)慧光童子えこうどうじ

慧光童子立像

慧光童子

大円鏡智だいえんきょうち」(すべてのものを鏡のようにありのままに映す智慧ちえ)をもつ童子。

肌はクリーム色で、顔は忿怒相を少しおさえたような表情をしています。
左手に月輪がちりん、右手に金剛杵を持ちます。
(月輪とは、「月を表す丸い円」をハスのくきにのせたもの)

(2)慧喜童子えきどうじ

慧喜童子立像

慧喜童子

平等性智びょうどうしょうち」(すべてのものが平等であることを知る智慧ちえ)をもつ童子。

肌は赤く染まり、顔は軽くほほ笑んでいます。
左手に宝珠、右手に三叉戟を持ちます。

(3)阿耨達童子あのくたどうじ

妙観察智みょうかんさつち」(すべてのものを正しくとらえる智慧ちえ)をもつ童子。

肌は金色に輝き、金翅鳥こんじちょう(聖なる鳥)を頭にのせ、龍に乗ります。
左手に蓮華、右手に独鈷杵を持ちます。

(4)指徳童子しとくどうじ

成所作智じょうしょさち」(すべてのものを完成させる智慧ちえ)をもつ童子。

甲冑を身にまとい、おでこには第三の目がついています。
左手に法輪、右手に三叉戟を持ちます。

(5)烏倶婆誐童子うぐばがどうじ

烏倶婆誐童子立像

烏倶婆誐童子

金剛波羅蜜こんごうはらみつ」(金剛界の大日如来を東側からサポートする菩薩)の性質を受けつぐ童子。
(1)慧光童子のもつ「大円鏡智だいえんきょうち」を実践します。

荒っぽい性格であるとされています。

肌はとても硬く、髪は逆立ち(炎髪)、顔は怒りに満ちた忿怒相
左手に独鈷杵を持ちます。

(6)清浄比丘童子しょうじょうびくどうじ

清浄比丘童子立像

清浄比丘童子

宝波羅蜜ほうはらみつ」(金剛界の大日如来を南側からサポートする菩薩)の性質を受けつぐ童子。
(2)慧喜童子のもつ「平等性智びょうどうしょうち」を実践します。

お坊さんの姿をし、左手に経巻、右手に五鈷杵を持ちます。

(7)矜羯羅童子こんがらどうじ

矜羯羅童子立像

矜羯羅童子

法波羅蜜ほうはらみつ」(金剛界の大日如来を西側からサポートする菩薩)の性質を受けつぐ童子。
(3)阿耨達童子のもつ「妙観察智みょうかんさつち」を実践します。

穏やかな性格であるとされています。

肌は白く、胸の前で合掌しながら独鈷杵を持ちます。

(8)制吒迦童子せいたかどうじ

制吒迦童子立像

制吒迦童子

業波羅蜜ごうはらみつ」(金剛界の大日如来を北側からサポートする菩薩)の性質を受けつぐ童子。
(4)指徳童子のもつ「成所作智じょうしょさち」を実践します。

誠実でたくましい性格であるとされています。

肌は赤く染まり、顔は怒りに満ちた忿怒相
髪を5つに束ね(五髻)、左手に金剛杵、右手に金剛棒こんごうぼう(つえに似た武具)を持ちます。

3.有名な像とお寺

  • 八大童子立像/観音寺かんのんじ世田谷観音せたがやかんのん](東京)
  • 八大童子立像/高野山霊宝館こうやさんれいほうかん(和歌山)

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!