スポンサーリンク

PR 如来

如来とは | 仏像入門ドットコム

仏像せんせい
仏像せんせい
仏像の4つのグループの一つである「如来」について、やさしく解説しています。

如来(にょらい)を簡単に

  • 如来とは、真理に目覚めて「さとり」を開いた超人的な存在のこと。
  • 人びとを幸せへと導くのが役割。
  • 衣を1枚まとっただけの、簡素な姿をしている。

1.如来とは

如来(にょらい)とは、真理に目覚めて「さとり」を開いた超人的な存在のこと。

さとりをカンタンに説明すると……

自分だとか世界だとかがどういうものであるかが、すっきりとわかって、もう悩まない……、そんな状態かなぁ。

山本勉『仏像のひみつ』朝日出版社、2006年

如来は、釈迦しゃかさまという実在の人物がモデルになっています。

お釈迦さまは紀元前5世紀ごろのインドの王子でしたが、人生に深く悩み、地位も財産も捨てて出家します。
そして、長く厳しい修行の末にさとりを開き、釈迦如来(しゃかにょらい)となりました。

この釈迦如来が最初の如来であり、人びとを幸せへと導く役割を担います。

釈迦如来坐像
あわせて読みたい釈迦如来(お釈迦さま)とは | 仏像入門ドットコム

釈迦如来(しゃかにょらい)を簡単に 釈迦如来とは、仏教を開いた実在の人物。 「お釈迦さま」として親しまれている。 衣を1枚まとっただけの、簡素な姿をしている。

続きを見る

2.如来のすがた

阿弥陀如来坐像

阿弥陀如来

如来は、すべてを捨てて出家したお釈迦しゃかさまをモデルとしているため、衣(納衣)を1枚まとっただけの簡素な姿で表されます。

最大の特徴は、小さな渦がたくさん並んだ髪型螺髪)。
長い修行の間に伸びた髪がくるくると丸まることによって、このようなヘアスタイルに。

頭のてっぺんにはコブのようなふくらみ肉髻)があり、この中にはたくさんの「智慧ちえ」が詰まっているとされています。

無表情に見える顔(半眼)は、瞑想めいそうをしている様子を表しています。

このほかにも、如来の姿には何十もの特徴があります。
全部を書くと長くなるため、代表的なものだけを挙げます ↓

3.如来の種類

最初は釈迦如来しか存在しませんでしたが、のちにさまざまな如来が生まれました。

釈迦如来のほかには、人びとを極楽浄土ごくらくじょうどに導く阿弥陀如来(あみだにょらい)、あらゆる病をやす薬師如来(やくし——)、宇宙を治める絶対王者である大日如来(だいにち——)などがいます。

仏像せんせい
仏像せんせい
釈迦如来は実在した人物ですが、そのほかの如来は人間によって考え出されました。

如来の「一覧」はコチラ

サイト内検索

メニュー

-如来

error: Content is protected !!