スポンサーリンク

PR 菩薩

菩薩とは | 仏像入門ドットコム

仏像せんせい
仏像せんせい
仏像の4つのグループの一つである「菩薩」について、やさしく解説しています。

菩薩(ぼさつ)を簡単に

  • 菩薩とは、如来にょらいをめざして修行中の者のこと。
  • 「優しさ」で人びとを救うのが役割。
  • インドの貴族のような、華やかな姿をしている。

1.菩薩とは

菩薩(ぼさつ)とは、如来にょらいをめざして修行中の者のこと。
または、あえて如来にならずに、私たちのそばにいてくれる存在とも。

no image
あわせて読みたい如来とは | 仏像入門ドットコム

続きを見る

真理に目覚めて「さとり」を開いた如来に対し、菩薩はまだまだ修行の身。
菩薩はさとりを開く前のお釈迦さまがモデルになっており、将来、如来になることが約束されています。

自らの意志でこの世にとどまり、慈悲じひ(優しさ)で人びとを救う役割を担います。

2.菩薩のすがた

聖観音菩薩立像

聖観音菩薩

菩薩は、まだ王子だったころのお釈迦さまをモデルとしているため、インドの貴族のような華やかな姿で表されます。

髪を高く結い上げて宝冠をかぶり、瓔珞臂釧などの豪華なアクセサリーを身につけています。

そして、迷いのない清らかな心を表す蓮華や、願いをかなえる水の入った水瓶などを手に持ちます。

3.菩薩の種類

菩薩には、大きく分けて

  1. 観音菩薩
  2. そのほかの菩薩

2つのタイプがあります。

(1)観音菩薩

「○○観音」と名のつくものすべてを、「観音菩薩(かんのんぼさつ)」といいます。

頭に11の顔をのせた十一面観音(じゅういちめんかんのん)、1000本の手で人びとを救う千手観音(せんじゅかんのん)など。

聖観音菩薩立像
あわせて読みたい観音菩薩(観音さま)とは | 仏像入門ドットコム

観音菩薩(かんのんぼさつ)を簡単に 観音菩薩とは、人びとの心を察知して助けてくれる菩薩。 「観音さま」として昔から親しまれている。 救う相手や状況に応じて、いくつもの姿に変身する。

続きを見る

(2)そのほかの菩薩

観音菩薩以外の、すべての菩薩。

美しいほほ笑みとしなやかなポーズが特徴の弥勒菩薩(みろくぼさつ)、お地蔵さんとして親しまれている地蔵菩薩(じぞうぼさつ)など。

菩薩の「一覧」はコチラ

サイト内検索

メニュー

-菩薩

error: Content is protected !!