スポンサーリンク

PR 如来

阿弥陀如来(阿弥陀さま)とは | 仏像入門ドットコム

阿弥陀如来立像

阿弥陀如来

阿弥陀如来(あみだにょらい)を簡単に

  • 阿弥陀如来とは、人びとを「極楽浄土ごくらくじょうど」に導く如来。
  • 永遠のいのちをもち、まばゆい光を放っている。
  • 9種類の手のポーズを使い分ける。

1.阿弥陀如来(阿弥陀さま)とは

阿弥陀如来(あみだにょらい)とは、人びとを「極楽浄土ごくらくじょうど」に導く如来
阿弥陀さまとして親しまれています。

阿弥陀という名前は、アミターバまたはアミターユスという古代インドの言葉を漢字に置きかえたもの。
アミターバ(アミターユス)には、「無限のいのち(光)」という意味があります。

その名のとおり、阿弥陀如来は永遠のいのちをもち、まばゆい光で人びとを照らします。

極楽浄土とは、宇宙の西の果てにある、阿弥陀如来の住む世界のこと。
正式には西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)といい、私たちになじみのある「極楽」という言葉の語源となっています。
極楽浄土は黄金に彩られたとても美しい場所であり、苦しみのない理想の世界であるといわれています。

平安時代(794~1185年)の終わりごろ、日本では末法思想が流行しました。

末法(まっぽう)思想とは

お釈迦さまが亡くなってから2世紀ほど経った)平安時代の終わりごろに仏教が消滅し、人びとが救われなくなるという考え方

不安になった人びとは、つらい現実から逃れて極楽浄土に行きたいと願い、阿弥陀如来への信仰が盛んになりました。

阿弥陀如来は南無阿弥陀仏なむあみだぶつとなえるすべての人を極楽浄土に導いてくれることから、昔から大きな人気を集めています。

仏像せんせい
仏像せんせい
有名な「鎌倉大仏」は、この阿弥陀如来をかたどったものです。

2.姿かたち

阿弥陀如来立像

阿弥陀如来立像

阿弥陀如来坐像

阿弥陀如来坐像

ほかの如来と同様、納衣を一枚まとっただけの簡素な姿で表されます。

頭のてっぺんはコブのようにふくらみ(肉髻)、髪がくるくると丸まって(螺髪)、無表情な顔つき(半眼)をしています。
(おでこには白毫がついている)

手には何も持たず、九品往生印というポーズをとります。

背後では、放射光二重円光舟形光のいずれかが輝いています。

立っている像(正立像)と、両足を組んで座っている像(結跏趺坐)があります。

また、阿弥陀如来像の中には、次のようなユニークな姿をしたものもあります。

  • 五劫思惟ごこうしゆい阿弥陀仏
    ・・・アフロヘアーのような髪型をした像(五劫院ごこういん道成寺どうじょうじなどに安置)
  • 見返り阿弥陀
    ・・・後ろを振り返っている像(禅林寺ぜんりんじに安置)

3.九品往生印(九品来迎印)

阿弥陀如来の住む極楽浄土ごくらくじょうどは9つの世界に分かれており、この世での行いによって、その人の行き先が決まるといわれています。

阿弥陀如来は、亡くなった人を迎えにくる際、その人の行き先に応じた手のポーズをとります。
この9種類の手のポーズを、九品往生印(くほんおうじょういん)または九品来迎印(くほんらいごういん)といいます。

補足

阿弥陀如来が亡くなった人を迎えにくることを、来迎らいごうという。

九品往生印には、大きく分けて

  1. 上品(じょうぼん)
    ・・・定印という手のポーズ
  2. 中品(ちゅうぼん)
    ・・・説法印という手のポーズ
  3. 下品(げぼん)
    ・・・来迎印という手のポーズ

の3種類があります。

さらに、この3種類にはそれぞれ

  1. 上生(じょうしょう)
    ・・・「人さし指」を曲げたパターン
  2. 中生(ちゅうしょう)
    ・・・「中指」を曲げたパターン
  3. 下生(げしょう)
    ・・・「薬指」を曲げたパターン

の3つのパターンがあります。

 
九品往生印(九品来迎印)
 上品
【定印】
中品
【説法印】
下品
【来迎印】
上生
上品(上生)

★A

「人さし指」を
曲げたパターン

上品上生
(〃)

上品(上生)

★B

「人さし指」を
曲げたパターン

中品上生
(上品中生)

下品(下生)

★C

「人さし指」を
曲げたパターン

下品上生
(上品下生)

中生

★Aの「中指」を
曲げたパターン

上品中生
(中品上生)

★Bの「中指」を
曲げたパターン

中品中生
(〃)

★Cの「中指」を
曲げたパターン

下品中生
(中品下生)

下生

★Aの「薬指」を
曲げたパターン

上品下生
(下品上生)

★Bの「薬指」
曲げたパターン

中品下生
(下品中生)

★Cの「薬指」を
曲げたパターン

下品下生
(〃)

※()内・・・「上品・中品・下品」と「上生・中生・下生」は、それぞれ呼び名が入れ替わることがあります。

仏像せんせい
仏像せんせい
手のポーズは9種類ありますが、9体の阿弥陀如来がいるわけではありません。
1体の阿弥陀如来が、これらのポーズを使い分けているのです。

4.阿弥陀如来のなかま

(1)五智如来

阿弥陀如来は、五智如来(ごちにょらい)とよばれる、5体セットの如来のメンバーの一員です。

五智如来には、阿弥陀如来のほかに以下のメンバーがいます。

五智如来
あわせて読みたい五智如来とは | 仏像入門ドットコム

五智如来(ごちにょらい)を簡単に 五智如来とは、大日如来だいにちにょらいを中心とする5体セットの如来。 「5つの智慧ちえ」を人びとに伝えるのが役割。 金剛界こんごうかい・胎蔵界たいぞうかいの2つのバー ...

続きを見る

(2)そのほかの仲間

阿弥陀如来は、以下の仏像を脇侍や眷属として従えることがあります。

5.ご利益

来世のしあわせ

阿弥陀如来は、いぬ年・いのしし年の守り本尊です。

6.有名な像とお寺

  • 阿弥陀三尊さんぞんおよび諸尊像/中尊寺ちゅうそんじ(岩手)
  • 阿弥陀如来坐像[鎌倉大仏]/高徳院こうとくいん(神奈川)
  • 阿弥陀三尊像/善光寺ぜんこうじ(長野)
  • 九体くたい阿弥陀如来坐像/浄瑠璃寺じょうるりじ(京都)
  • 阿弥陀如来坐像/平等院びょうどういん(京都)
  • 阿弥陀三尊像/浄土寺じょうどじ(兵庫県小野市)

9体が一列に並ぶレアな像

京都と奈良の境に位置する「浄瑠璃寺」の“九体阿弥陀如来坐像”は、9体の阿弥陀如来が横一列にずらりと並ぶ珍しい様式。
この様式は平安時代に流行したが、9体すべてが残っているのは浄瑠璃寺のみ。

サイト内検索

メニュー

-如来

error: Content is protected !!