スポンサーリンク

PR 菩薩

十一面観音とは | 仏像入門ドットコム

十一面観音菩薩立像

十一面観音

十一面観音(じゅういちめんかんのん)を簡単に

  • 十一面観音とは、頭に「11の顔」をのせた観音さま。
  • あらゆる方向を見渡し、人びとを救う。
  • 六観音のメンバーの一員。

1.十一面観音とは

十一面観音(じゅういちめんかんのん)とは、頭に「11の顔」をのせた観音さま

さまざまな表情をした11の顔であらゆる方向を見渡し、人びとを苦しみから救ったり、願いをかなえたりします。

十一面観音の教えを説いたお経によると、

  1. 十種勝利(じゅっしゅしょうり)
  2. 四種功徳(ししゅくどく)

という2つのタイプのご利益をもたらすとされています。

十種勝利とは

この世での10種類のご利益

  1. 病気にならない。
  2. あらゆる如来に受け入れられる。
  3. お金や食べ物に困らない。
  4. あらゆる敵からダメージを受けない。
  5. 国王(皇族)が苦労をねぎらってくれる。
  6. 毒にあたらず、悪寒や発熱がひどくならない。
  7. あらゆる凶器から身を守る。
  8. 溺死できししない。
  9. 焼死しない。
  10. 不慮の事故で死なない。

四種功徳とは

あの世での4種類のご利益

  1. 亡くなる際に如来と会える。
  2. 地獄に生まれ変わらない。
  3. 早死にしない。
  4. 極楽浄土ごくらくじょうどに生まれ変わる。

十一面観音は「この世」でも「あの世」でも人びとを救ってくれることから、昔から大きな人気を集めています。

日本では奈良時代(710~794年)から盛んにつくられ、全国各地のお寺でお参りできます。

2.姿かたち

十一面観音菩薩立像

十一面観音菩薩立像

ほかの菩薩と同様、インドの貴族のような華やかな服装をしています。

宝冠瓔珞臂釧などのアクセサリーを身につけ、蓮華水瓶などを手に持ちます。

立っている像(正立像)が一般的ですが、座っている像(坐像)も一部あります。

最大の特徴である「11の顔」には、次のような種類があります。

十一面観音の11の顔

※イラストは、頭のてっぺんから見おろしたもの。

【11の顔の種類】

  1. 菩薩面(ぼさつめん)
    ・・・優しい顔
  2. 瞋怒面(しんぬめん)
    ・・・怒った顔
  3. 狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)
    ・・・きばを出した顔
  4. 暴悪大笑面(ぼうあくだいしょうめん)
    ・・・大笑いしている顔
  5. 仏面(ぶつめん)
    ・・・無表情の顔

頭上には、11の顔とは別に「化仏」という小さな仏像ものっています。

菩薩面(正面 3つ)は、人びとを救おうとしている菩薩の顔。
瞋怒面(向かって右 3つ)は、「悪いことをしちゃダメ」と人びとをしかっている顔。

狗牙上出面(向かって左 3つ)は、「よい行いをしようね」と人びとをはげましている顔。
暴悪大笑面(後ろ)は、「わっはっは!」と悪い行いを笑い飛ばし、人びとの心を改めさせようとしている顔。

仏面(てっぺん)は、さとりを開いた如来の顔。
人びとの究極の理想を表しています。

仏像せんせい
仏像せんせい
頭に11の顔をのせた姿が一般的ですが、例外的に「9」や「10」の顔をもつ像もあります。

3.十一面観音のなかま

十一面観音は、六観音(ろくかんのん)とよばれる、6体セットの観音菩薩のメンバーの一員です。

六観音には、十一面観音のほかに以下のメンバーがいます。

天台宗てんだいしゅう密教みっきょう坐禅ざぜんなどを融合した仏教の宗派)系のお寺では、准胝観音の代わりに不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)がまつられます。

no image
あわせて読みたい六観音とは | 仏像入門ドットコム

六観音(ろくかんのん)を簡単に 六観音とは、観音さまが変身する6つの姿のこと。 多くの顔や腕をもつ、超人的な姿かたちをしている。 「六道ろくどう」という苦しみの世界を管理する。

続きを見る

4.ご利益

5.有名な像とお寺

  • 十一面観音菩薩立像/長谷寺はせでら[長谷観音](神奈川県鎌倉市)
  • 十一面観音菩薩立像/向源寺こうげんじ(滋賀)
  • 十一面観音菩薩立像/道明寺どうみょうじ(大阪)
  • 十一面観音菩薩立像/聖林寺しょうりんじ(奈良)
  • 十一面観音菩薩立像/長谷寺はせでら(奈良県桜井市)
  • 十一面観音菩薩立像/法華寺ほっけじ(奈良)

長谷寺(はせでら)式十一面観音

日本各地にある長谷寺の十一面観音像は、右手に錫杖を持つ珍しい様式のため、「長谷寺式十一面観音」とよばれる。
なかでも、鎌倉と奈良の2体(全長 約10メートル)は、巨大な十一面観音像として有名。

6.十一面観音のグッズ

今では、本格的な仏像を自宅にまつることができます。

仏像フィギュア・イスムの十一面観音は、室生寺むろうじの像をモデルとし、「11の小顔」の繊細な表情を忠実に再現しています。

この十一面観音を部屋にまつってご利益を祈願するもよし、ぼーっと眺めてやされるもよし。

サイト内検索

メニュー

-菩薩

error: Content is protected !!