スポンサーリンク

PR 菩薩

如意輪観音とは | 仏像入門ドットコム

如意輪観音菩薩坐像

如意輪観音

如意輪観音(にょいりんかんのん)を簡単に

  • 如意輪観音とは、「宝珠ほうじゅ」と「法輪ほうりん」で願いをかなえる観音さま。
  • 6本の腕をもち、片ひざを立てて座る。
  • 六観音のメンバーの一員。

1.如意輪観音とは

如意輪観音(にょいりんかんのん)とは、「宝珠ほうじゅ」と「法輪ほうりん」で願いをかなえる観音さま

如意輪という独特な名前は、如意宝珠(にょいほうじゅ)法輪(ほうりん)という2つの言葉が合わさったもの。
これらは如意輪観音の持ち物であり、次のようなはたらきをします。

  1. 如意宝珠(宝珠)
    ・・・あらゆる願いをかなえる。
  2. 法輪
    ・・・煩悩ぼんのう(欲望や迷いの心)を消し去る。

仏像の持ち物 > 宝珠

仏像の持ち物 > 法輪

この2つの持ち物によって、人びとのどのような煩悩も消し去り、あらゆる願いをかなえます。

また、如意輪観音は、ほかの観音さまに比べて女性的な像が多いのも特徴。
たとえば、「観心寺かんしんじ」の像は檀林皇妃だんりんこうひがモデルに、「神呪寺かんのうじ」の像は如意尼にょいにという女性のお坊さんがモデルになっています。

2.姿かたち

如意輪観音菩薩坐像

如意輪観音菩薩坐像

1つの顔6本の腕をもつ、一面六臂(いちめんろっぴ)の姿が一般的です。

ほかの菩薩と同様、インドの貴族のような華やかな服装をしています。

右手をほおに添え(思惟手)、人びとを救う方法を考えています。
そのほかの手は、トレードマークである宝珠法輪に加えて、蓮華数珠などを持ちます。

片ひざを立てた足のポーズは、輪王坐という珍しい座り方。
輪王坐は平安時代(794~1185年)以降に主流となり、それより前の時代の像は、2本の腕で半跏倚坐のポーズをしていることがあります。

3.如意輪観音のなかま

如意輪観音は、六観音(ろくかんのん)とよばれる、6体セットの観音菩薩のメンバーの一員です。

六観音には、如意輪観音のほかに以下のメンバーがいます。

天台宗てんだいしゅう密教みっきょう坐禅ざぜんなどを融合した仏教の宗派)系のお寺では、准胝観音の代わりに不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)がまつられます。

no image
あわせて読みたい六観音とは | 仏像入門ドットコム

六観音(ろくかんのん)を簡単に 六観音とは、観音さまが変身する6つの姿のこと。 多くの顔や腕をもつ、超人的な姿かたちをしている。 「六道ろくどう」という苦しみの世界を管理する。

続きを見る

4.ご利益

5.有名な像とお寺

  • 如意輪観音菩薩坐像/醍醐寺だいごじ(京都)
  • 如意輪観音菩薩坐像/観心寺かんしんじ(大阪)
  • 如意輪観音菩薩坐像/神呪寺かんのうじ(兵庫)
  • 如意輪観音菩薩坐像[岡寺大仏]/岡寺おかでら(奈良)
  • 如意輪観音菩薩坐像/室生寺むろうじ(奈良)

日本三如意輪

「観心寺」「神呪寺」「室生寺」の3体の像は、日本三如意輪として知られている。

6.如意輪観音のグッズ

今では、本格的な仏像を自宅にまつることができます。

仏像フィギュア・イスムの如意輪観音は、観心寺かんしんじの像をモデルとし、密教みっきょう彫刻の神秘感あふれる姿を忠実に再現しています。

この如意輪観音を部屋にまつってご利益を祈願するもよし、ぼーっと眺めてやされるもよし。

サイト内検索

メニュー

-菩薩

error: Content is protected !!