スポンサーリンク

PR 天部

八部衆(天龍八部衆)とは | 仏像入門ドットコム

八部衆(はちぶしゅう)を簡単に

  • 八部衆とは、釈迦如来しゃかにょらいを守る8体の神さま。
  • 龍神りゅうじん」「鳥獣ちょうじゅう」「音楽の神」など、姿も性格もバラバラ。

1.八部衆(天龍八部衆)とは

八部衆(はちぶしゅう)とは、釈迦如来しゃかにょらいを守る8体の神さま(釈迦如来の眷属)。
天龍八部衆(てんりゅうはちぶしゅう)ともいいます。

釈迦如来坐像
あわせて読みたい釈迦如来(お釈迦さま)とは | 仏像入門ドットコム

釈迦如来(しゃかにょらい)を簡単に 釈迦如来とは、仏教を開いた実在の人物。 「お釈迦さま」として親しまれている。 衣を1枚まとっただけの、簡素な姿をしている。

続きを見る

八部衆はもともとはインドの神さまでしたが、釈迦如来の教えに導かれ、仏教の守り神となりました。
釈迦の優秀な弟子である十大弟子とともに、釈迦とその教えを信じる人たちを守ります。

龍神りゅうじん」「鳥獣ちょうじゅう」「音楽の神」など、姿も性格も異なるメンバーたちが、釈迦如来をガードするようにつき従います。

 

2.メンバー

それぞれの「名前」「姿かたち」は、お経やお寺などによって異なります。

(1)てん

梵天帝釈天をはじめとする、天部の神さまたち。

実際には、これらのうちの1体がまつられます。

(2)りゅう

水中に住み、雨をもたらす龍神りゅうじんたち。

こちらも1体のみがまつられます。

(3)夜叉やしゃ

インドの鬼がのちに仏教の守り神となったもの。

十二神将深沙大将など。
(こちらも1体のみがまつられる)

(4)乾闥婆けんだつば

帝釈天持国天につかえる、音楽の神さま。
子どもの守り神ともされています。

よろいを身につけ、獅子のかんむりをかぶり、宝珠三叉戟を手に持ちます。

(5)阿修羅あしゅら

阿修羅立像

阿修羅

もともとは悪い神さまでしたが、釈迦如来の教えによって心を改め、仏教の守り神に。

3つの顔に6本の腕をもつ、クモのような姿が特徴。

阿修羅の顔
あわせて読みたい阿修羅とは | 仏像入門ドットコム

阿修羅(あしゅら)を簡単に 阿修羅とは、仏教とその教えを信じる人たちを守る神さま。 悪い神であったが、お釈迦しゃかさまの教えによって心を改める。 3つの顔に6本の腕をもつ、クモのような姿が特徴。

続きを見る

(6)迦楼羅かるら

迦楼羅立像

迦楼羅

頭が「鳥」で胴体が「人間」の姿をした、災いを食べつくす神さま。

龍笛りゅうてきとよばれる笛を吹き、恵みの雨を降らせたり、延命(長寿)のご利益をもたらしたりします。

(7)緊那羅きんなら

帝釈天毘沙門天につかえる、音楽の神さま。

頭が「人間」で、胴体が「けもの」の姿をしています。

(8)摩睺羅伽まごらか

帝釈天につかえる、音楽の神さま。

頭が「ヘビ」で、胴体が「人間」の姿をしています。

3.有名な像とお寺

  • 八部衆立像/興福寺こうふくじ(奈良)
  • 八部衆坐像/法隆寺ほうりゅうじ(奈良)

異なるメンバー

奈良を代表するお寺の一つである「興福寺」の八部衆立像は、天・龍・夜叉・摩睺羅伽に代わり、「五部浄ごぶじょう」「沙羯羅さから」「鳩槃荼くばんだ」「畢婆迦羅ひばから」がメンバーとなっている。
(詳しい内容は割愛)

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!