スポンサーリンク

PR 天部

天部とは | 仏像入門ドットコム

仏像せんせい
仏像せんせい
仏像の4つのグループの一つである「天部」について、やさしく解説しています。

天部(てんぶ)を簡単に

  • 天部とは、インド出身のいろいろな神さまの集まり。
  • 如来にょらい」や「菩薩ぼさつ」を守るのが役割。
  • 女神や武将など、バラエティーに富む。

1.天部とは

天部(てんぶ)とは、インド出身のいろいろな神さまの集まり。

天界てんかいというはるか上空にある世界に住んでいることから、天部とよばれています。

天部はインドの神さまが仏教に取り入れられたものであり、見た目も性格もバラバラです。
メンバーによって役割もさまざまですが、多くは如来にょらい」や「菩薩ぼさつ」を守る役目を担います。

no image
あわせて読みたい如来とは | 仏像入門ドットコム

続きを見る

no image
あわせて読みたい菩薩とは | 仏像入門ドットコム

続きを見る

2.天部のすがた・種類

バラエティーあふれる天部は、姿かたちによって

  1. 貴神(きしん)形
  2. 武神(ぶしん)形
  3. そのほかの天部

3つのタイプに分けられます。

(1)貴神形

吉祥天立像

吉祥天

中国の貴族のような姿をした天部たち。

釈迦如来を脇からサポートする梵天(ぼんてん)・帝釈天(たいしゃくてん)、美と繁栄の女神である吉祥天(きちじょうてん)など。

(2)武神形

増長天立像

増長天

よろいかぶとに身を固めた、武将の姿をした天部たち。

お寺のお堂の東西南北を守る四天王(してんのう)薬師如来をガードする十二神将(じゅうにしんしょう)など。

(3)そのほかの天部

飛天像

飛天

貴神形にも武神形にも属さない、そのほかの天部たち。

飛天(ひてん)とよばれる天女、福の神として知られる七福神(しちふくじん)など。

天部の「一覧」はコチラ

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!