スポンサーリンク

PR 仏像の基礎知識

仏像とはそもそも何か?起源やつくられた理由をやさしく解説

クエスチョンマーク

「仏像とお釈迦しゃかさまは違うの?」
「何のためにつくられたの?」

私たちがお寺でよく目にする仏像。
その正体は、いったい何なのでしょうか?

仏像せんせい
仏像せんせい
「仏像とはそもそも何か」について、その起源やつくられた理由を交えながら、やさしく解説していきます。

1.仏像ってそもそも何?

仏像

仏像

仏像とは、そもそも

釈迦しゃかさまという実在の人物をかたどった像

のこと。

お釈迦さまは紀元前5世紀ごろのインドの王子でしたが、人生に深く悩み、地位も財産も捨てて出家します。
そして、長く厳しい修行の末に「さとり」を得て、仏教を開きました。

さとりをカンタンに説明すると……

自分だとか世界だとかがどういうものであるかが、すっきりとわかって、もう悩まない……、そんな状態かなぁ。

山本勉『仏像のひみつ』朝日出版社、2006年

お釈迦さまはのちにインドの各地で教えを説き、多くの人びとを幸せへと導きます。

それから約千年後の6世紀ごろ、日本に仏教が伝わり、釈迦如来しゃかにょらい(お釈迦さまをかたどった仏像)がまつられるようになりました。

釈迦如来坐像
あわせて読みたい釈迦如来(お釈迦さま)とは | 仏像入門ドットコム

釈迦如来(しゃかにょらい)を簡単に 釈迦如来とは、仏教を開いた実在の人物。 「お釈迦さま」として親しまれている。 衣を1枚まとっただけの、簡素な姿をしている。

続きを見る

仏像せんせい
仏像せんせい
この釈迦如来が本来の仏像であり、その後、さまざまな種類の仏像(のちほど解説)がつくられるようになります。

2.仏像がつくられるようになった理由

釈迦しゃかさまが亡くなると、インドの各地にお釈迦さまをまつった大きなお墓(ストゥーパ)がいくつも建てられました。

ストゥーパ

ストゥーパ

仏像せんせい
仏像せんせい
お釈迦さまが亡くなった当初は、人びとはこのストゥーパを仏像の代わりにおがんでいました。

やがて、お釈迦さまの姿を見たことのない人たちが「お釈迦さまの像をつくってほしい」と望むようになります。

ところが、お釈迦さまの姿を見た人たちは

  • 「私たちのような人間には、偉大なお釈迦さまの像はつくれない」
  • 「お釈迦さまは“太陽”のようにありがたい方だ」

と言い、仏像をつくることを拒みました。

そこで、仏像の代わりに

  1. 輪宝(りんぽう)
    ・・・お釈迦さまを「太陽」として表したもの
  2. 菩提樹(ぼだいじゅ)
    ・・・お釈迦さまが「さとり」を開いた場所に立っていた木
  3. 仏足石(ぶっそくせき)
    ・・・お釈迦さまの「足跡」を石に刻んだもの

などのお釈迦さまのシンボルマークが考え出され、人びとはこれらを拝むようになります。

輪宝

輪宝

菩提樹

菩提樹

人びとはそれでも満足できず、「お釈迦さまの姿を見たい」という声が高まります。

そして、(お釈迦さまが亡くなってから約500年後の)1世紀ごろ、インド北部にある「ガンダーラ」と「マトゥラー」の2つの地域で、ついに仏像が誕生しました。

ガンダーラの仏頭

初期の仏像

3.たくさんの仏像がいる理由

仏教が広まるにつれて、お釈迦しゃかさまの教えとは別に、さまざまなお話が生み出されます。

これらの仏教のお話を書き記したものを「お経」といい、お経の主人公としてさまざまな仏像が考え出されました。

たとえば、

というふうに。

仏像せんせい
仏像せんせい
最初は釈迦如来という仏像しか存在しませんでしたが、時代が進むにつれて、仏像の種類も増えていったのです。

数多くある仏像は次の4つのグループに大きく分けられ、これらのグループが集まってほとけの世界ができています。

  1. 如来(にょらい)
  2. 菩薩(ぼさつ)
  3. 明王(みょうおう)
  4. 天部(てんぶ)

仏像のグループ

それぞれのグループの特徴については、以下のリンク先をご覧ください。

 

「如来」とは

「菩薩」とは

「明王」とは

「天部」とは

そのほかの仏像

仏像のキャラ一覧


解説は、以上です。

サイト内検索

メニュー

-仏像の基礎知識

error: Content is protected !!