スポンサーリンク

PR そのほかの仏像

蔵王権現とは | 仏像入門ドットコム

蔵王権現立像

蔵王権現

蔵王権現(ざおうごんげん)を簡単に

  • 蔵王権現とは、過去・現在・未来にわたって人びとを救う神さま。
  • 釈迦如来しゃかにょらい」「千手観音せんじゅかんのん」「弥勒菩薩みろくぼさつ」の生まれ変わりでもある。
  • 右手・右足を高く上げた、躍動感やくどうかんあふれるポースが特徴。

1.蔵王権現とは

蔵王権現(ざおうごんげん)とは、過去・現在・未来にわたって人びとを救う神さま。
正式な名前を、金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)といいます。

山にこもって厳しい修行をすることによって「さとり」(大いなる気づきの心)を得る、修験道しゅげんどうという教え。

飛鳥あすか時代(592~710年)、修験道を開いた役行者(えんのぎょうじゃ)金峯山きんぷせん(奈良県の吉野よしのにそびえ立つ険しい山)で修行をしているときに出会ったのが、蔵王権現です。

★関連記事(役行者:準備中)

役行者が「人びとを救ってくださる力強いほとけよ、どうか姿を現したまえ」と祈ったところ、

  1. 釈迦如来
    ・・・仏教を開いた実在の人物(過去の仏
  2. 千手観音
    ・・・この世の人びとを「千の手」で救う観音さま現在の仏
  3. 弥勒菩薩
    ・・・はるか遠い未来に地上におりてくる菩薩未来の仏

の3つの仏が次々と現れました。

ところが、この3体は穏やかな姿をしているため、役行者は「人びとを救うには優しすぎる」と受け入れませんでした。

役行者がさらに祈り続けると、大地が揺れて雷が鳴り響き、大きな岩の割れ目から蔵王権現が飛び出してきました。

(化け物のような荒っぽい姿をした)蔵王権現を目にした役行者は、「これならば人びとを救える」と納得し、その姿を木に彫ってまつったそうです。

この逸話から、蔵王権現は「釈迦如来」「千手観音」「弥勒菩薩」の化身けしん(生まれ変わり)とされ、六道輪廻に苦しむ人びとを過去・現在・未来にわたって救い出します。

仏像せんせい
仏像せんせい

蔵王権現は

  1. 過去への後悔
  2. 現在への執着しゅうちゃく
  3. 未来への不安

をまとめて取り除いてくれる、オールマイティーな神さまなのです。

蔵王権現は山の修行者たちの守り神でもあり、修験道にゆかりのある日本各地の山寺やまでらで見ることができます。

2.姿かたち

蔵王権現立像

蔵王権現立像

右手・右足を高く上げた躍動感やくどうかんあふれるポーズは、大きな岩の割れ目から飛び出してきた瞬間をとらえたもの。
肌は「慈悲」(優しさ)を表す青色に染まっています。

強烈なパワーで人びとを救うことから、髪は逆立ち(炎髪)、顔は怒りに満ちた忿怒相をしています。
(おでこには、第三の目がついている)

右手は三鈷杵を持つことがあり、左手は刀印を結んだり腰に当てたりします。

3.ご利益

4.有名な像とお寺(神社)

  • 蔵王権現立像/刈田嶺神社かったみねじんじゃ蔵王大権現ざおうだいごんげん](山形)
  • 蔵王権現三尊さんぞん像/金峯山寺きんぷせんじ(奈良)
  • 蔵王権現立像/如意輪寺にょいりんじ(奈良)
  • 蔵王権現立像/三佛寺さんぶつじ(鳥取)

5.蔵王権現のグッズ

今では、本格的な仏像を自宅にまつることができます。

仏像フィギュア・イスムの蔵王権現は、三佛寺さんぶつじの像をモデルとし、荒ぶる表情と躍動感やくどうかんあふれるポーズを忠実に再現しています。
(みうらじゅん氏監修)

この蔵王権現を部屋にまつってご利益を祈願するもよし、ぼーっと眺めてやされるもよし。


もっと手軽に蔵王権現を感じたい方は、数珠ブレスレットもいいでしょう。

サイト内検索

メニュー

-そのほかの仏像

error: Content is protected !!