スポンサーリンク

PR 菩薩

普賢菩薩とは | 仏像入門ドットコム

普賢菩薩騎象像

普賢菩薩

普賢菩薩(ふげんぼさつ)を簡単に

  • 普賢菩薩とは、「智慧ちえ」と「優しさ」で人びとを導く菩薩。
  • 文殊もんじゅ菩薩とペアを組み、釈迦如来しゃかにょらいを脇からサポート。
  • 6本のきばをもつ白いゾウに乗る。

1.普賢菩薩とは

普賢菩薩(ふげんぼさつ)とは、「智慧ちえ」と「優しさ」で人びとを導く菩薩

普賢という名前には、「すべてにわたって賢い」という意味があります。
その名のとおり普賢菩薩は、あらゆる人びとを救う賢者のような存在です。

普賢菩薩は文殊菩薩とペアを組み、釈迦如来を脇からサポートします。
この3者がセットになったものを釈迦三尊といい、それぞれが次のような役割を担います。

  1. 釈迦如来
    ・・・人びとが幸せになるための教え(仏教)を開く。
  2. 文殊菩薩
    ・・・釈迦如来の「頭脳」として、仏教を活かすための“智慧”を受けもつ。
  3. 普賢菩薩
    ・・・釈迦如来の「手足」として、“智慧”を実践する。

釈迦三尊は、3者が役割分担をしながら人びとを幸せへと導くシステム。

最初に釈迦如来が仏教を開き、次に文殊菩薩の“智慧”で仏教を活かす方法を考えます。
そして最後に、普賢菩薩がその“智慧”を実践し、人びとを幸せへと導きます。

仏像せんせい
仏像せんせい
文殊菩薩が智慧のシンボルならば、普賢菩薩は実践のシンボル。
釈迦三尊は、「仏教は智慧と実践のどちらも大事」ということを伝えています。

さらに、普賢菩薩は慈悲じひ(優しさ)の力もあわせもち、「智慧」と「優しさ」の2つのパワーで人びとを導きます。

また、密教においては、普賢延命菩薩(ふげんえんめいぼさつ)という別バージョンも存在。
人びとに延命(長寿)のご利益をもたらすとされています。

密教(みっきょう)とは

仏教とヒンドゥー教が融合して生まれた、不思議な宗教。
真言しんごん」とよばれる呪文や、「護摩ごま」とよばれる火をたく儀式などが特徴。

普賢菩薩は、女性の幸福を説く『法華経ほけきょう』というお経に登場することから、今でも女性から人気を集めています。

2.姿かたち

普賢菩薩騎象像

普賢延命菩薩坐像

ほかの菩薩と同様、インドの貴族のような華やかな服装をしています。

一般的な普賢菩薩は、2本の腕をもつ人間に近い姿で表されます。
胸の前で合掌しながら、蓮華座を背負った1頭の白いゾウに乗ります。

一方、密教に特有の普賢延命菩薩は、(上のイラストのように)20本の腕をもち4頭の白いゾウに乗る姿で表されます。
法輪金剛鈴宝剣金剛杵など、さまざまな道具を手に持ちます。

大地を踏みしめながら一歩ずつ進む白いゾウは「実践」のシンボルであり、6本のきばをもつのが特徴。

6本の牙が意味するもの

一本一本が「布施ふせ」「持戒じかい」「忍辱にんにく」「精進しょうじん」「禅定ぜんじょう」「智慧ちえ」という仏教の6つの修行を意味し、普賢菩薩がこれらの修行を成しとげたことを示している。

3.普賢菩薩のなかま

(先ほど書いたように)普賢菩薩は、釈迦三尊のメンバーとして

と一緒にまつられることがあります。

また、普賢菩薩は

眷属として従えることがあります。

10人の女神の集まりである十羅刹女は、普賢菩薩とともに仏教を守護します。

4.ご利益

普賢菩薩は、たつ年・へび年の守り本尊です。

5.有名な像とお寺

  • 普賢菩薩騎象きぞう像および十羅刹女じゅうらせつにょ像/慈恩寺じおんじ(山形)
  • 釈迦三尊しゃかさんぞんのうち普賢菩薩坐像/方広寺ほうこうじ(静岡)
  • 普賢菩薩坐像/普賢寺ふげんじ(三重)
  • 普賢菩薩騎象像/岩船寺がんせんじ(京都)
  • 普賢延命菩薩坐像/大山寺たいさんじ(大分)

十羅刹女と一緒に並ぶレアな像

稚児桜ちござくらや慈恩寺ハスなどの四季折々の自然に恵まれた「慈恩寺」の秘仏・普賢菩薩騎象像は、眷属十羅刹女とともにまつられている珍しいケース。
境内けいだいには、ほかにも珍しい仏像がたくさん残されており、全国から多くの参拝者が訪れる。

サイト内検索

メニュー

-菩薩

error: Content is protected !!