スポンサーリンク

PR 天部

金剛力士(仁王様)とは | 仏像入門ドットコム

金剛力士立像

金剛力士

金剛力士(こんごうりきし)を簡単に

  • 金剛力士とは、たくましい体つきをした「お寺の門番」。
  • 参拝者をにらみつけ、悪を追いはらう。
  • 阿形あぎょう」と「吽形うんぎょう」のペアでまつられる。

1.金剛力士(仁王様)とは

金剛力士(こんごうりきし)とは、たくましい体つきをした「お寺の門番」。
お寺の入り口の門の両サイドでどっしりと構えている、あの仁王様(におうさま)のことです。

金剛力士は、もともとは執金剛神(しゅこんごうしん)という1体の神さまであり、釈迦如来を守る役割を担っていました。
のちに2体に分身し、お寺の入り口で悪を追いはらう門番となります。

この2体は、それぞれ

  1. 阿形(あぎょう)
    ・・・口を開いたほうの像
  2. 吽形(うんぎょう)
    ・・・口を閉じたほうの像

とよばれます。

“阿吽の呼吸”の語源でもある「阿」と「吽」は、もともとは古代インドの言葉。
阿は口を開いて「ア」と発音する最初の語、吽は口を閉じて「ウン」と発音する最後の語を表します。
(日本語の五十音が「あ」で始まり「ん」で終わるのも、このため)

そのため、阿吽には「宇宙の始まりから終わりまで」という意味があります。

仏像せんせい
仏像せんせい

つまり、阿吽は

  • 正反対の2つのもの(例.光と影)
  • 世界にあるものすべて
  • 大いなる気づきの心

などを表しています。

これらの阿吽の性質から、2体は次のようなはたらきをします。

  1. 阿形のはたらき
    ・・・「真実を見つめよ」と、右側からプラスのパワーを放つ。
  2. 吽形のはたらき
    ・・・「迷いの心を捨てよ」と、左側からマイナスのパワーを放つ。

このように、金剛力士には参拝者の心をいましめる役割もあり、そのたくましい体つきから身体健全・筋力アップ・健脚けんきゃくなどのご利益があるといわれています。

なお、お寺の入り口の門には、金剛力士がはくとされる「大きなわらじ」が一緒に飾りつけられているのもよく見られます。

飛鳥あすか時代(592~710年)からつくられ始めた仁王様は、(風雨にさらされながらも)何百年もの間ずっと、日本各地のお寺を力強く守り続けています。

2.姿かたち

金剛力士立像

金剛力士立像

向かって右側に「阿形」左側に「吽形」がまつられるのが一般的ですが、左右が逆の例外もあります。

阿形は口を開いて怒りをあらわにし、吽形は口を閉じて怒りを内に秘めます。

体中の筋肉はムキムキと大きく盛り上がり、腹筋もみごとに割れています。

腰にを巻きつけ、自ら放つパワーで天衣がなびいています。

金剛杵という武具を手に持つ像もあれば、(上のイラストのように)何も持たずに大きく構える像もあります。

仏像せんせい
仏像せんせい
「金剛杵」は、金剛力士の名前の由来となっています。

そして、「仁王立ち」という言葉のとおり、足を大きく開いて立ちます。
(足元には、岩座があることも)

3.金剛力士のなかま

金剛力士は、千手観音眷属である

のメンバーの一員です。

二十八部衆においては、阿形は「那羅延堅固ならえんけんご」、吽形は「密迹金剛みっしゃくこんごう」とよばれます。

4.ご利益

健康運
・・・筋力アップ、健脚けんきゃくなども

5.有名な像とお寺

  • 金剛力士立像/萬満寺まんまんじ(千葉)
  • 金剛力士立像[赤紙仁王尊]/東覚寺とうがくじ(東京都北区)
  • 金剛力士立像/興福寺こうふくじ(奈良)
  • 金剛力士立像/東大寺とうだいじ南大門なんだいもん(奈良)
  • 執金剛神立像/東大寺とうだいじ法華堂ほっけどう(奈良)
  • 金剛力士立像/法隆寺ほうりゅうじ(奈良)

仁王さまの股くぐり

鎌倉時代の古寺として知られる「萬満寺」には、金剛力士像の股をくぐって健康を祈る「仁王さまの股くぐり」という伝統行事がある。
とくに脳血管障害の後遺症(半身不随ふずい・手足のまひなど)に効くとされ、全国から多くの参拝者が訪れる。

赤紙(あかがみ)仁王

東京・田端たばたの街の一角にたたずむ「東覚寺」の金剛力士立像は、全身に赤い紙がびっしりと貼りつけられていることから、「赤紙仁王」とよばれる。
体の悪いところと同じ部分に赤い紙を貼って祈願し、治るとわらじを奉納するという独自の風習が行われている。

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!