スポンサーリンク

PR 天部

天燈鬼・龍燈鬼とは | 仏像入門ドットコム

龍燈鬼立像

龍燈鬼

天燈鬼立像

天燈鬼

天燈鬼・龍燈鬼(てんとうき・りゅうとうき)を簡単に

  • 天燈鬼・龍燈鬼とは、「燈籠とうろう」で仏教の世界を照らす2体の鬼。
  • ふだんは邪鬼じゃきとして四天王してんのうに踏みつけられている。
  • 筋肉の盛り上がった、たくましい体つきが特徴。

1.天燈鬼・龍燈鬼とは

天燈鬼・龍燈鬼(てんとうき・りゅうとうき)とは、「燈籠とうろう」で仏教の世界を照らす2体の鬼。

この2体の鬼は、ふだんは邪鬼じゃきとして四天王に踏みつけられています。
この邪鬼を独立させ、仏教の世界を照らす役目を与えたものが、天燈鬼・龍燈鬼です。

邪鬼については、仏像の台座 > 邪鬼にて解説しています。

天燈鬼・龍燈鬼はペアを組み、それぞれが「燈籠」をかついで仏教の世界(お寺ではお堂の中)を明るく照らします。

大事な役目をもらった2体は、「まかせとけ!」とでも叫んでいるような、頼もしい雰囲気を放っています。

仏像せんせい
仏像せんせい

お寺の門番である仁王様と同じように、

  1. 口を開いた天燈鬼は「阿形
  2. 口を閉じた龍燈鬼は「吽形

を表します。

2.姿かたち

(1)天燈鬼像

天燈鬼立像

天燈鬼立像

たくましい体つきをした鬼の姿で表され、肌は赤く染まっています。

2本のツノと第三の目をもち、口を大きく開きながら、左肩で燈籠とうろうをかつぎます。

(2)龍燈鬼像

龍燈鬼立像

龍燈鬼立像

(天燈鬼と同様)たくましい体つきをし、肌は青緑色に染まっています。

上半身には龍が巻きつき、上目づかいで口を固く閉じながら、頭で燈籠とうろうをかつぎます。

3.有名な像とお寺

天燈鬼・龍燈鬼立像/興福寺こうふくじ(奈良)

4.天燈鬼・龍燈鬼のグッズ

今では、本格的な仏像を自宅にまつることができます。

仏像フィギュア・イスムの天燈鬼・龍燈鬼は、興福寺こうふくじの像をモデルとし、鎌倉彫刻の躍動感やくどうかんあふれる姿を忠実に再現しています。

この天燈鬼・龍燈鬼を部屋にまつって縁起をかつぐもよし、ぼーっと眺めてやされるもよし。

天燈鬼はコチラ

龍燈鬼はコチラ

2体セットはコチラ

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!