スポンサーリンク

PR 天部

閻魔王(閻魔大王)とは | 仏像入門ドットコム

閻魔王坐像

閻魔王

閻魔王(えんまおう)を簡単に

  • 閻魔王とは、死者の罪を裁く「あの世の裁判官」。
  • 天国から地獄まで、死者の行き先を決定する。
  • 真っ赤な顔をし、こちらを鋭くにらむ。

1.閻魔王(閻魔大王)とは

閻魔王(えんまおう)とは、死者の罪を裁く「あの世の裁判官」。
閻魔大王(えんまだいおう)ともいい、親しみを込めて閻魔さまともよばれます。

閻魔王は、もともとはヤマという名のインドの神さまであり、冥界めいかい(死後の世界)を支配する王として信仰されていました。

仏教に取り入れられてからは「閻魔王」とよばれ、あの世の裁判官として死者の罪を裁く役割を担うようになります。

閻魔王は死者のこの世での行いをすべて記録しており、六道という6つの世界(天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)のどこに生まれ変わるのかを決定します。

閻魔王のそばには浄玻璃鏡じょうはりのかがみとよばれる大きな鏡があり、死者の人生のすべてのシーンが映画のように映し出されます。
そのため、「私はやっていません」とウソをついても、すぐにバレてしまいます。

(この世での裁判が1度目の出廷、2度目の出廷……とあるように)あの世での裁判も何回かに分かれており、閻魔王を含む10体の裁判官(=十王じゅうおう)が死者を裁きます。

no image
あわせて読みたい十王とは | 仏像入門ドットコム

十王(じゅうおう)を簡単に 十王とは、あの世で死者を裁く「10体の裁判官」。 それぞれのメンバーが、10回にわたって死者を取り調べる。 中国風の裁判官のような格好をしている。

続きを見る

仏像せんせい
仏像せんせい
十王の中で人気も知名度もナンバーワンなのが、閻魔王です。

閻魔王には恐ろしいイメージがありますが、じつは地蔵菩薩化身けしん(生まれ変わり)であり、この世では人びとを優しく見守っています。

2.姿かたち

閻魔王坐像

閻魔王坐像

ゆったりとした道服を身にまとった、中国・とう時代の裁判官の姿で表されます。

真っ赤な顔をして両目をカッと見開き、どのような悪事でも見抜きます。

右手にしゃくとよばれる細長い木の板を持ち、威厳いげんを示しています。
(笏はメモを貼りつけるためのボードとして使われるとも)

左手はひざの上に置いたり、小さな地蔵菩薩の像を持ったりします。

3.閻魔王のなかま

(先ほど書いたように)閻魔王は、あの世の10体の裁判官である

のメンバーの一員です。

また、閻魔王は

化身けしん(生まれ変わり)とされています。

4.ご利益

5.有名な像とお寺

  • 閻魔王坐像/法乗院ほうじょういん深川ゑんま堂ふかがわえんまどう](東京)
  • 十王のうち閻魔王坐像/円応寺えんのうじ閻魔堂えんまどう](神奈川)
  • 閻魔王坐像/引接寺いんじょうじ千本ゑんま堂せんぼんえんまどう](京都)
  • 閻魔王坐像/宝積寺ほうしゃくじ(京都)
  • 閻魔王坐像/六道珍皇寺ろくどうちんのうじ(京都)
  • 閻魔王坐像/白毫寺びゃくごうじ(奈良)

日本一ビッグな閻魔王像

東京の下町・深川ふかがわにたたずむ「法乗院」の閻魔王坐像(総高3.5メートル)は、日本最大の閻魔王像として有名。
“ハイテク閻魔さま”としても知られ、さい銭を入れるとお堂内のライトがピカピカと点滅し、閻魔大王のありがたい説法が流れてくる。

冥界へとつながるお寺

六道さんの名で親しまれる「六道珍皇寺」には、“冥土めいど通いの井戸”とよばれる不思議な井戸がある。
平安時代の朝廷の役人であった小野篁おののたかむらは、夜になるとこの井戸から冥界めいかいへワープし、閻魔王のもとで裁判の助手をしていたという。

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!