スポンサーリンク

PR 天部

歓喜天(聖天さま)とは | 仏像入門ドットコム

歓喜天(かんぎてん)を簡単に

  • 歓喜天とは、頭が「ゾウ」で体が「人間」という風変わりな神さま。
  • 商売繁盛や夫婦円満をもたらす。
  • 仲むつまじい男女が抱き合う姿をしている。

1.歓喜天(聖天さま)とは

歓喜天(かんぎてん)とは、頭が「ゾウ」で体が「人間」という風変わりな神さま。
正式な名前を大聖歓喜大自在天(だいしょうかんぎだいじざいてん)といい、親しみを込めて聖天さまともよばれます。

ゾウの頭をもつ男女の2体が抱き合う姿をし、男天なんてんガネーシャ女天にょてん十一面観音化身けしん(生まれ変わり)とされています。

ガネーシャ

ガネーシャ

ガネーシャとは

幸せを呼びこむインドの神さまであり、商売と学問をつかさどる。
頭がゾウで、ふくよかな人間の体に4本の腕をもつ。
「夢をかなえるゾウ」として知られ、その愛らしい姿から世界中で人気を集める。

十一面観音菩薩立像
あわせて読みたい十一面観音とは | 仏像入門ドットコム

十一面観音(じゅういちめんかんのん)を簡単に 十一面観音とは、頭に「11の顔」をのせた観音さま。 あらゆる方向を見渡し、人びとを救う。 六観音のメンバーの一員。

続きを見る

男天(ガネーシャ)はのちに仏教に取り入れられると、毘那夜迦びなやかという悪い神さまになります。
お釈迦さまや修行者の邪魔をしていた毘那夜迦は、女天(十一面観音)のことが好きになって告白しました。
女天が「仏教を信じるのならば、一緒になってもよい」と言ったため、男天は心を入れ替え、仏教の守り神へと生まれ変わります。

そして、この男天と女天が合体し、歓喜天が誕生しました。

巾着きんちゃく「大根」は歓喜天のシンボル(好物)であり、次のような意味があるとされています。

  1. 巾着(財布)
    ・・・商売繁盛のシンボル
  2. 大根
    ・・・身体健全、厄よけのシンボル

このことから、歓喜天をまつるお寺のいたるところ(屋根・ちょうちん・石段など)に巾着や大根のマークが刻まれていたり、「歓喜団かんきだん」(果物やスパイスを練ってつくった巾着型の団子)や「二股ふたまた大根」が供えられたりしています。

仏像せんせい
仏像せんせい
歓喜天に「願いがかなうまでは大根を食べません」と誓えば願いをかなえてくれますが、その約束を破ると厳しい罰がくだされるという言い伝えがあります。

仲むつまじい男女が合体した歓喜天は、夫婦円満・子宝をもたらすとされています。
さらに、ガネーシャの性格を受けついだり、巾着や大根を好んだりすることから、商売繁盛・学業成就・身体健全・厄よけなどのご利益もあるといわれています。

歓喜天は男女が抱き合うセクシャルな姿をしているため、その多くは秘仏として隠されています。

2.姿かたち

ゾウの頭人間の体をもつ「男女の2体」が立って抱き合う姿で表されます。

2体とも腰にをまとい、臂釧・腕釧・足釧などのアクセサリーを身につけています。

この2体は姿かたちがよく似ていますが、見分けるポイントは次の2つ。


  1. ・・・かんむりを身についている方が、女天にょてん
  2. 踏みつけた足
    ・・・相手の足を踏みつけている方が、女天。

女天は、イノシシの顔をしていることもあります。

仏像せんせい
仏像せんせい
女天が男天なんてんの足を踏みつけているのには、「男天の過去の悪い心をいましめる」という意味があるといわれています。

3.歓喜天のなかま

(先ほど書いたように)歓喜天の女天にょてんは、

化身けしん(生まれ変わり)とされています。

また、歓喜天には、以下の家族がいます。

4.ご利益

5.有名な像とお寺

  • 歓喜天立像/歓喜院かんぎいん妻沼聖天山めぬましょうでんざん](埼玉)
  • 歓喜天立像/本龍院ほんりゅういん待乳山聖天まつちやましょうでん](東京)
  • 歓喜天立像/宝戒寺ほうかいじ(神奈川)
  • 歓喜天立像/宝山寺ほうざんじ生駒聖天いこましょうてん](奈良)
  • 歓喜天立像/八栗寺やくりじ(香川)

日本三大聖天

「妻沼聖天山」「待乳山聖天」「生駒聖天」の3つのお寺は、日本三大聖天として知られている。

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!