スポンサーリンク

PR 天部

大黒天(大黒様)とは | 仏像入門ドットコム

大黒天立像

大黒天

大黒天(だいこくてん)を簡単に

  • 大黒天とは、「打出うちで小槌こづち」で財宝をもたらす神さま。
  • 大きな福袋をかつぎ、米俵こめだわらに乗る。
  • 七福神のメンバーの一員。

1.大黒天(大黒様)とは

大黒天(だいこくてん)とは、「打出うちで小槌こづち」で財宝をもたらす神さま。
七福神のうちの大黒様として親しまれています。

大黒天は、もともとはマハーカーラという名のインドの暗黒の神さまであり、人びとから恐れられていました。
マハーカーラはヒンドゥー教の三大神の一つである「シヴァ神」が変身した姿であり、多くの腕をもち、暗黒のパワーで世界のすべてを破壊します。

このように、大黒天は恐ろしい神さまでしたが、のちに日本古来の神さまである大国主命(おおくにぬしのみこと)と合体し、おめでたい福の神へと生まれ変わります。

大国主命は『因幡いなば白兎しろうさぎ』の神話に登場することで知られ、サンタクロースのように大きな袋をかついでいます。

仏像せんせい
仏像せんせい

大黒天が大国主命と結びついたのには、

  1. 「大黒(だいこく)」と「大国(だいこく)」の発音が同じ。
  2. 大きな袋を背負った姿が似ている。

という2つの説があります。

大黒天は「打出の小槌」とよばれるラッキーアイテムを手に持ち、福を呼び込んで五穀豊穣ごこくほうじょう商売繁盛などのご利益をもたらします。

室町時代(1336~1573年)以降は、七福神のメンバーに名を連ねるようになり、今でも「商売繁盛の神さま」としてお店にまつられているのをよく見かけます。

2.姿かたち

(1)一般的な像

大黒天立像

大黒天立像

丸い形をした大黒頭巾だいこくずきんをかぶり、にっこり笑っています。

右手には、振ると金銀財宝がザクザク出てくる打出うちで小槌こづちを持ちます。
(欲しい物を何でも授けてくれるとも)

左肩にかついだ大きな福袋には、「7つの宝」が入っています。

7つの宝とは

「金」「銀」「瑠璃るり」「水晶」「シャコ」「赤珠しゃくしゅ」「メノウ」の7種類の宝石(物質的な宝物
「繁栄」「裕福」「勇気」「愛嬌あいきょう」「人望」「長寿」「円満」という、喜びにあふれた7つの心(精神的な宝物)ともいわれる。

さらに、五穀豊穣ごこくほうじょうのシンボルである米俵こめだわらに乗っており、立っている像(立像)と座っている像(坐像)があります。
(米俵に乗っていない像も一部ある)

(2)三面大黒天

三面大黒天坐像

三面大黒天坐像

大黒天の別バージョンとして、同じ七福神のメンバーである毘沙門天弁財天と合体した三面大黒天(さんめんだいこくてん)があります。

強力な福のパワーをもつ3者が一体となり、それぞれのご利益を一気にもたらします。
なかでも、商売繁盛・出世・勝負運などのご利益が強いといわれています。

(上のイラストのように)向かって右に毘沙門天、向かって左に弁財天の顔がくっついています。

また、顔だけでなく3者の全身が合体した三面六臂大黒天(さんめんろっぴだいこくてん)もあります。
(六臂とは、腕が6本あるという意味)

3.大黒天のなかま

(先ほど書いたように)大黒天は、福の神として知られる七福神(しちふくじん)のメンバーの一員です。

七福神には、大黒天のほかに以下のメンバーがいます。

七福神
あわせて読みたい七福神とは | 仏像入門ドットコム

七福神(しちふくじん)を簡単に 七福神とは、7つの幸せをもたらす「おめでたい神さまたち」。 海のかなたから宝船たからぶねに乗ってやってくる。 「七福神めぐり」という風習が、今でも盛んに行われている。

続きを見る

4.ご利益

5.有名な像とお寺

  • 三面大黒天立像/大圓寺だいえんじ大黒寺だいこくじ](東京都)
  • 三面大黒天立像[三面出世しゅっせ大黒天]/延暦寺えんりゃくじ大黒堂だいこくどう(滋賀)
  • 大黒天半跏はんか像/明寿院めいじゅいん(滋賀)
  • 大黒天立像/大黒寺だいこくじ七福堂しちふくどう(大阪)
  • 大黒天立像/観世音寺かんぜおんじ(福岡)

豊臣秀吉の大黒天

100年以上も内乱の続いた“戦国”という時代を終わらせ、天下統一を成しとげて大きく出世した豊臣秀吉とよとみひでよし
その秀吉があがめていたのが「延暦寺・大黒堂」の三面大黒天立像であり、「三面出世大黒天」とよばれている。

サイト内検索

メニュー

-天部

error: Content is protected !!