スポンサーリンク

PR そのほかの仏像

聖徳太子とは | 仏像入門ドットコム

聖徳太子立像

聖徳太子

聖徳太子(しょうとくたいし)を簡単に

  • 聖徳太子とは、日本に仏教を広めた偉大な政治家。
  • 十七条憲法じゅうしちじょうけんぽう」を定め、仏教による国づくりを進めた。
  • 日本各地のお寺に、聖徳太子をかたどった仏像がまつられている。

1.聖徳太子とは

聖徳太子(しょうとくたいし)とは、日本に仏教を広めた偉大な政治家。

釈迦しゃかさまが開いた仏教が日本に伝わって間もない、574年(古墳こふん時代の終わりごろ)。
奈良県の明日香村あすかむらにて、用明ようめい天皇の2番目の息子として生まれました。

釈迦如来坐像
あわせて読みたい釈迦如来(お釈迦さま)とは | 仏像入門ドットコム

釈迦如来(しゃかにょらい)を簡単に 釈迦如来とは、仏教を開いた実在の人物。 「お釈迦さま」として親しまれている。 衣を1枚まとっただけの、簡素な姿をしている。

続きを見る

幼いころからとても賢かった聖徳太子は、10代で「仏教賛成派」と「仏教反対派」の争いに参戦し、賛成派を勝利へと導きます。

この勝利がきっかけで仏教は国に認められ、聖徳太子は22歳で摂政せっしょう(天皇に代わって政治を行う役職)につきます。

政治家としても優秀だった聖徳太子は、604年(飛鳥あすか時代の初めごろ)に十七条憲法じゅうしちじょうけんぽうを定め、仏教による国づくりを進めていきました。

十七条憲法とは

  • 第一条「やわらぎをもってとうとしとなし」(調和をもっとも大切にしなさい)
  • 第二条「あつ三宝さんぽうを敬え」(3つの宝〔釈迦、釈迦の教え、その教えを伝えてくれるお坊さん〕を心から敬いなさい)
  • etc…

というふうに、仏教を中心とした国づくりのコンセプトが定められている。

仏像せんせい
仏像せんせい
「みんなが仏教をよりどころにして生きれば、日本は平和でステキな国になりますよ」と、聖徳太子は教えてくれています。

聖徳太子は四天王寺してんのうじ法隆寺ほうりゅうじなどの巨大なお寺もつくり、これをきっかけに日本各地に多くのお寺が建てられました。

このように日本に仏教を大きく広めたことから、「日本の釈迦」「日本仏教の祖」などとよばれ、人びとから尊敬されるようになります。

聖徳太子の死後は太子信仰(たいししんこう)が広まり、今でも日本各地のお寺に聖徳太子をかたどった仏像がまつられています。

2.姿かたち

聖徳太子像には、

  1. 2歳像(南無仏なむぶつ太子像)
  2. 16歳像(孝養こうよう太子像)
  3. 22歳像(摂政せっしょう太子像)
  4. 35歳像(講讃こうさん太子像)

という代表的な4つのタイプがあります。

 

(1)2歳像(南無仏なむぶつ太子像)

2歳の聖徳太子が東に向かって南無仏なむぶつ(仏教をよりどころにして生きていきます)ととなえたという伝説の姿。

頭をそり、上半身は裸ではかまをはいています。
キリッと引き締まった顔つきで、合掌しながら足をそろえて立ちます。

(2)16歳像(孝養こうよう太子像)

病に倒れた父・用明ようめい天皇の回復を祈る姿。
(孝養とは、親をうやまい大切にするという意味)

両耳のあたりで髪を束ね、ほう(貴族や役人が着るフォーマルな服)の上から袈裟けさをまといます。
両手で柄香炉えごうろ(取っ手のついた香炉こうろ)を持ち、その香りを父にささげています。

立っている像(正立像)と、足を崩して座っている像(遊戯坐)があります。

(3)22歳像(摂政せっしょう太子像)

22歳で摂政になったときの姿。

を身にまとって、布でできたかんむりをかぶり、両手でしゃく(細長い木の板)を持ちます。

立っている像(正立像)と、座っている像(坐像)があります。

(4)35歳像(講讃こうさん太子像)

推古すいこ天皇の前で勝鬘経しょうまんぎょう』というお経について解説している姿。

の上から袈裟をまとい、装飾品のついたをかぶっています。
または払子を手に持ち、両足を組んで座ります。

仏像せんせい
仏像せんせい
このほかにも、「7歳像」「49歳像」などがあります。

3.有名な像とお寺

  • 聖徳太子半跏像【16歳】広隆寺こうりゅうじ霊宝殿れいほうでん(京都)
  • 聖徳太子坐像【49歳】四天王寺してんのうじ(大阪)
  • 聖徳太子立像【16歳】飛鳥寺あすかでら(奈良)
  • 聖徳太子立像【2歳・16歳】元興寺がんごうじ(奈良)
  • 聖徳太子坐像【35歳】法隆寺ほうりゅうじ聖霊院しょうりょういん(奈良)

サイト内検索

メニュー

-そのほかの仏像

error: Content is protected !!