スポンサーリンク

PR コラム

ブッダ(釈迦)の教えをやさしく解説 ~生きることは苦しみである

釈迦

お釈迦さまから学ぶ

あらゆる苦しみから解放されて幸せに生きる方法
(ブッダの教え)

ブッダ(=さとりを開いた人)ともよばれるお釈迦さまは、長く厳しい修行の末、人が生きていくうえで味わう苦しみのメカニズムを発見しました。

その苦しみから解放されるための智慧ちえはやがて「仏教」となり、今もなお、多くの人びとの幸せのよりどころとなっています。

1.幸せに生きることを目指すブッダ(釈迦)の教え

釈迦

人間関係の悩み、将来への不安、病気の苦しみ、親しい人との別れ、死ぬことへの恐れ……

人生にはさまざまな苦しみがつきまとい、自分の思い通りにならないことに対して怒り狂ったり、途方に暮れたりすることもあるでしょう。

すべての人が生きていくうえで味わう苦悩について、ブッダは

生きることは、苦しみに満ちている。
それは避けようのない真実であり、人生において完全に思い通りになるものは何一つ無い。

と説いています。

ブッダの説く苦しみとは、単に苦しいことではなく、「自分の思い通りにならないこと」

「たしかに人生は思い通りにならないけど、うれしいことや楽しいこともいっぱいあるでしょ」

そう疑問に思うかもしれません。

ところが、私たちが「」だと感じるできごとをよく観察してみると、必ず「」とセットになっているのがわかります。

たとえば、私たちは、恋人との出会いに激しく興奮したり、わが子の誕生にはこの上ない喜びを感じたりするでしょう。
しかし、この世に「死」がある限り、恋人やわが子との別れは必ずやってきます。

このように、楽しいできごとのウラには、苦しみ(=思い通りにならないこと)という一面が必ず隠れています。

生きることは苦しみである。
これは、紛れもない真実なのです。

それでもブッダは、「苦しみに振り回されずに安らかに生きていこう」と、私たちに幸せへの道を示してくれています。

私たちがいのちを授かっているこの世界で、いかに悩みや苦しみから解放されて、今この瞬間をイキイキと生きるか。
この誰もが幸せに生きるための智慧ちえが、ブッダの教え(仏教)なのです。

ブッダの教えには

苦しみはなぜ生まれ、どうすれば苦しみから抜け出すことができるのか。

という共通のテーマがあり、

  1. 苦しみが発生するメカニズム
  2. 苦しみから解放される方法

を具体的に示しています。

詳しくは、次の章から解説していきます。

2.苦しみのメカニズムと種類
(四聖諦&四苦八苦)

助けを求める手

「生きることは苦である」と説いたブッダは、最初に、苦しみが発生するメカニズムを発見しました。

このメカニズムを四聖諦(ししょうたい)といい、次の4つの真理から成り立っています。

  • 苦諦(くたい)
    ・・・苦しみの正体についての真理
  • 集諦(じったい)
    ・・・苦しみの原因についての真理
  • 滅諦(めったい)
    ・・・苦しみから抜け出すためのロジック
  • 道諦(どうたい)
    ・・・その実践方法

【1】苦諦

第一に、苦しみの正体を明らかにすることから始まります。

ブッダは、生きていくうえで味わう苦しみには以下の8種類があると説き、これらを四苦八苦(しくはっく)といいます。

四苦八苦
しょうこの世に生まれること
ろう老いること
びょう病気になること
いつかは死んでしまうこと
愛別離苦あいべつりく愛する人と別れること
怨憎会苦おんぞうえく嫌いな人と出会うこと
求不得苦ぐふどくく欲しいものが手に入らないこと
五陰盛苦ごおんじょうく体と心を思うようにコントロールできないこと

日常語にもなっている四苦八苦は、誰もが経験するリアルな苦しみであることがわかります。

【2】集諦

第二に、苦しみの正体をとらえたブッダは、「なぜ苦しみが生まれるのか」を突きとめます。

(先ほど書いたように)苦しみとは、自分の思い通りにならないことです。
ところが、私たちは、その思い通りにならないことを「思うがままにしよう」と考えてしまい、理想と現実のギャップに苦悩するのです。

ブッダは、この

思い通りにならないことを思うがままにしようとする欲望(=執着しゅうちゃく

が苦しみの原因であると説いたのです。

【3】滅諦

第三に、ブッダは、苦しみから抜け出すためのロジックを探し当てます。

ブッダは「苦しみには8つの正体がある」という苦諦からスタートし、その苦しみは「思い通りにならないことを思うがままにしようとする欲望」(執着)が原因であることを第二の集諦で突きとめました。

ならば、私たちは、思い通りにならないことを思うがままにコントロールしようとしてはいけない。

そのことに気づいたブッダは、苦しみから抜け出すためには

執着を手放すこと

が必要であると説いたのです。

【4】道諦

(第一の苦諦から第三の滅諦において)苦しみのメカニズムを解明したブッダは、最後に、苦しみから抜け出すための実践方法にたどり着きます。

この修行法については、次の章で詳しく解説していきます。

 

3.あらゆる苦しみから解放される方法
(八正道)

天空へ続く階段

ブッダは、

  • 人生は思い通りにならない。
  • だから、執着しゅうちゃくを手放しましょう。
  • そのためには、修業をしなさい。

と説いています。

そして、その修行法として、八正道(はっしょうどう)とよばれる8つの正しい行いをすすめています。

八正道

  1. 正見(しょうけん)
    ・・・正しいものの見方。何にもとらわれず、物事をありのままに見ること。
  2. 正思惟(しょうしゆい)
    ・・・正しい考え方。他人を思いやり、正しく考えて判断すること。
  3. 正語(しょうご)
    ・・・正しい言葉づかい。うそや悪口を言わず、いたわりの言葉を向けること。
  4. 正業(しょうごう)
    ・・・正しい行為。殺生せっしょうや盗みなどをせず、思いやりのある行動をとること。
  5. 正命(しょうみょう)
    ・・・正しい生活。暴飲暴食や夜ふかしなどを避け、規則正しい生活を送ること。
  6. 正精進(しょうしょうじん)
    ・・・正しい努力。善いことに向かって、無理をせずに努力を重ねること。
  7. 正念(しょうねん)
    ・・・正しい注意力。四聖諦ししょうたいの教えをつねに忘れないこと。
  8. 正定(しょうじょう)
    ・・・正しい心の安定。雑念をはらい、心をゆったりと落ち着かせること。

これらの8つの正しい行いをすることによって、あらゆる苦しみから解放され、ほんとうの幸せを手に入れることができるのです。

ところで、八正道は、本来「出家しゅっけ者」(ふつうの生活を捨てて仏教の修業にはげむ人たち)に向けて説かれた教えです。
そのため、私たち一般人が完全にマスターするのは難しいでしょう。

たとえば、うそをつかないでおこうと思っても、商売をしている人や営業マンであれば、ちょっとしたうそ(セールストーク)が必要なときもあります。
規則正しい生活を送ろうと思っても、やむを得ず残業や夜勤にあたったり、忙しくて食事を抜いたりすることもあるでしょう。

それでも私たちは、相手にいたわりの言葉をかけたり、休日に適度な運動をしたりと、八正道に向かって限りなく努力することはできます。

現代における八正道とは、私たちにとっての究極の目標であり、誰にでも開かれた幸せへの道なのではないでしょうか。

4.ブッダの教えを暮らしに生かす

夕焼けの空

生きることは苦しみであり、人生において完全に思い通りになるものは何一つありません。
にもかかわらず、人間はあらゆるものを手に入れようとあくせく動き回り、欲望に振り回されてしまいます。

そう考えると、この世界に満ちあふれる苦しみは、人間の心がつくり出しているといえますね。

人生は思い通りにならないからこそ、執着しゅうちゃくを手放し、よりよく生きていこう。

ブッダは、そう教えてくれています。

私たちがあらゆる苦しみから解放されるためには、まず、「世の中には思い通りにならないことがたくさんある」という現実を受け入れること。
そこを出発点として、苦しみの原因である執着を捨て、八正道はっしょうどうという幸せへの道を限りなく歩んでいくのです。

ブッダは、この八正道を通して

  • 何にもとらわれないこと
  • かたよった見方をしないこと
  • 他人を思いやること

という大切な心を伝えています。

あらゆる苦しみから解放されて幸せに生きる方法。
それは、日々の暮らしの中でブッダの智慧ちえ(八正道)を無理なく実践しながら、今この瞬間を大切に生きていくことなのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

サイト内検索

メニュー

-コラム

error: Content is protected !!