スポンサーリンク

PR 仏像の基礎知識

お寺と神社の参拝方法をステップごとに解説

参拝する女性

日本の伝統文化を感じられるスポットとして定番の、お寺と神社。

雰囲気は似ていますが、おじぎの仕方が違ったり、合掌したり手をたたいたり……と、お寺と神社では作法が異なります。

「なんとなく、見よう見まねで」という人も多いと思いますが、正しくお参りすれば気分もすがすがしくなり、お寺や神社に行くのがさらに楽しくなるはず。

仏像せんせい
仏像せんせい
お寺と神社で異なる作法について、参拝のステップごとにやさしく解説していきます。

1.お寺と神社で参拝方法が異なる理由

お寺と神社では、

  • 仏教(お寺)
  • 神道しんとう(神社)

というふうに、信仰する宗教が違います。

お寺では「ほとけさま(仏像)」をまつり、お坊さんが仏教の修業にはげんだり、亡くなった人のために法要(葬式・法事など)を行ったりします。

一方、神社では「神さま」をまつり、神主や巫女みこさんが五穀豊穣ごこくほうじょうや国の平和などを祈ったり、七五三をお祝いしたりします。

クエスチョンマーク
あわせて読みたい「神」と「仏」の違いをイラストでやさしく解説

初詣、七五三、神社・お寺の縁日、秋祭り、すす払い…… 日本には季節ごとにさまざまな行事があり、神さまや仏ほとけさまに幸せを願ったり、地域の人たちが集まってお祭りを行ったりします。

続きを見る

このように、お寺と神社では

  • 宗教
  • まつっているもの
  • 役割

などが違うため、お参りするときの作法も異なってきます。

2.参拝のステップと作法

【ステップ 1】門をくぐる

山門

山門

鳥居

鳥居

お寺・神社の門は、ほとけさまや神さまの住む神聖なエリアの入り口であるため、門をくぐるのにも作法があります。

帽子・サングラス・イヤホンなどは、あらかじめ外しておきましょう。

お寺の場合

  1. お寺の門(山門さんもんまたは総門そうもん)の前で、合掌しながらおじぎします。
  2. 敷居をまたいで門をくぐります。
  3. 拝観受付所がある場合は、そちらで拝観料を納めます。
  4. 帰りも同じように、門の前で合掌しながらおじぎします。

神社の場合

  1. 鳥居の前でおじぎします。
  2. 鳥居をくぐります。
  3. 帰りも同じように、鳥居の前でおじぎします。

ポイント

お寺・神社は、仏や神さまのおうちのような場所。
「お邪魔します」という謙虚な気持ちで、門をくぐりましょう。

【ステップ 2】境内を進む

お寺の境内

お寺の境内

門をくぐって境内けいだいに入ったら、参道さんどう(真ん中の道)を歩いて奥へと進みます。

お寺の場合

参道を歩くときは、どこを通っても構いません。

神社の場合

参道は「神さまの通り道」とされているため、真ん中を通らず、左右のどちらかに寄って歩きましょう。
ただし、混雑しているときは、参道の真ん中や砂利の上を歩いても構いません。

【ステップ 3】身を清める

お寺・神社の境内には、

  1. 手水舎(ちょうずしゃ)
  2. 常香炉(じょうこうろ)

という身を清めるための場所があります。

本堂ほんどう拝殿はいでんでお参りする前に、立ち寄りましょう。
(手水舎や常香炉が設けられていない場合は、【ステップ 4】へ)

手水舎での手順

手水舎

手水舎

手水舎は、お寺と神社の両方に設けられています。

お寺と神社で同じ

  1. 右手でひしゃくを持ち、水をくんで左手を洗います。
  2. ひしゃくを左手に持ち替え、同じように右手を洗います。
  3. 再びひしゃくを右手に持ち替え、左の手のひらに水をためて口をすすぎます。
  4. ①と同じように左手を洗い、ひしゃくに水を半分ほど残しておきます。
  5. ひしゃくを右手に持ったまま、取っ手が下に向くように垂直に立て、残った水でひしゃくの取っ手を洗い流します。
  6. ひしゃくをもとの場所へ戻します。

ポイント

口をすすいだ水は、飲まずに出すこと。

常香炉での手順

常香炉

常香炉

常香炉は、お寺にのみ設けられています。

お寺のみ

  1. 常香炉に設置されている「ろうそく」で線香に火をつけ、香炉に立てて供えます。
  2. 煙を浴びて身を清めます。

(線香は、お寺の販売所でも購入できます)

ポイント

線香の火は口で吹き消さず、手で風を送って消すこと。

【ステップ 4】参拝する

参拝する女性

本堂ほんどう(神社では拝殿はいでん)に着いたら、いよいよ参拝です。

  • そのほかの建物でのお参り
  • おみくじの購入

などは、本堂(拝殿)でお参りした後に。

お寺の場合

  1. さい銭箱にお金を入れます。金額に決まりはありません。
  2. 鰐口わにぐち(つりさげられた円形の鈴)がある場合は、鳴らします。
  3. 合掌しながら、深くおじぎします。

神社の場合

  1. お寺と同様、さい銭箱にお金を入れます。
  2. 鈴がある場合は、鳴らします。
  3. 深いおじぎを2回します。
  4. 胸の前で手を2回たたきます。
  5. 最後にもう一度、深くおじぎします。

③~⑤の動作を二礼にれい 二拍手にはくしゅ 一礼いちれいといいます。
彌彦神社やひこじんじゃ出雲大社いずもたいしゃ宇佐神宮うさじんぐうの3社では、「二礼 四拍手 一礼」が正式な作法)

ポイント

さい銭箱にお金を入れる際は、投げずにそっと入れること。

3.そのほかの作法

(1)お参りする時間

お寺・神社では参拝時間が決められており、開門(開庁)が9時前後、閉門(閉庁)が17時前後となっていることが多いです。

夜でもお参りできるお寺・神社もありますが、お守りやお札を頂ける授与所じゅよしょの時間は決まっているため、授与所の空いている時間にお参りするのがよいでしょう。

お寺・神社の公式サイトにて、参拝時間を確認しておきましょう。

(2)服装

お寺・神社は神聖な場所であるため、派手すぎる服装や、過度な肌の露出は避けましょう。

(3)お寺の鐘

お寺に設置されている「釣り鐘」をついていいのは、許可されている場合のみ。

鐘を自由につける場合は、木の棒にぶら下がってるひもを手前に1~2回引き、その反動で鐘をつきます。
鐘をついた後は、再び鐘が鳴らないようひもを手で止めます。

ポイント

鐘は必ずお参りの前につくこと。
お参り後の鐘は「戻り鐘」といい、縁起が良くないとされています。

(4)おみくじの扱い

引いた後のおみくじの扱いについて、とくに決まりはありません。

  • お寺・神社の「おみくじ結び所」に結ぶ。
  • 持ち帰って保管する。
  • おみくじ帳に挟んでおく。

など、好みの方法で扱いましょう。

大切なのは、おみくじのメッセージを心にとどめて行動すること。

 

解説は、以上です。

祈る女性
あわせて読みたい仏像を拝観するときのマナー

仏像は本来、拝おがむためにつくられた神聖なもの。 一方、彫刻作品として素晴らしいものや、歴史的価値が高いものも多いため、「美しい仏像をじっくりと見てみたい」と思うのも自然なことです。

続きを見る

サイト内検索

メニュー

-仏像の基礎知識

error: Content is protected !!